ヒポップ動物病院の理念

ヒポップ動物病院の理念

院長挨拶

あやうたヒポップ動物病院 院長 田川惠富



プロフィール
 香川県善通寺市出身
 1979年3月
 香川県立丸亀高等学校卒業
 1986年3月
 鳥取大学大学院獣医学専攻修了

 人とともに暮らすようになった伴侶動物は犬猫をはじめとして多種多様になってきました。それぞれに特徴的な体を持ち生態も様々で、病気もそれぞれの種に特異的なものが診られます。すべての伴侶動物がわれわれ人間にとってはかけがえのない家族であり日々の生活を共にしている中、それらの伴侶動物が健康で快適な暮らしが送れるように陰ながらサポートするのが私どもの役割と考えています。
健康な時は家族の方々は当たり前と思って生活していますが、ひとたび調子を崩したときはどうしたのだろうと心配で仕方がないことと思います。自らしゃべることのできない家族たちは全身症状で我々に調子が悪いことを訴えてきます。その訴えをできるだけ見逃すことなく「あれ?何で?」の最初の訴えを受け止めてあげてほしいのです。それが彼ら、彼女らからのメッセージなのです。今は獣医療も進んでおり、早期に発見すれば治る病気も増えて来ています。ちょっとでもおかしいと思ったら動物病院に来るなり、相談をしてください。
しかし、もちろんまだまだ未知の領域も多くあるのは事実で、特にエキゾチックアニマル(うさぎ、モルモット、ハムスター、フェレット、爬虫類、鳥類等)と呼ばれている伴侶動物は今からの進歩が待たれる領域です。それでも、彼ら、彼女らからの訴えを逃さないようにするのが生活を共にする家族の努めであり、そこから少しでも苦しみを取り除いてあげることの手助けをするのがわれわれ獣医師の努めです。すべての伴侶動物が少しでも快適な生活が送れますよう、ご家族の方々と協力してまいる決意です。
また、伴侶動物と人との間で病気のキャッチボールがあるケースも増えてきているかと思います。ご家族の方々の体を病気から守るためにも正確な情報を供与していく必要があり、そのために私どもは日々の研鑚を怠ることなく努めてまいります。
地域に根差したホームドクターになるべく全身全霊を傾けて日々努力してまいりますので、皆様どうかよろしくお願いいたします。


理念

当医院はホームドクターとしてご家族の方々と伴侶動物 の苦しみを和らげることに邁進してまいります。

病気の原因究明に全力を挙げるとともにインフォームドコンセント(説明と同意)に重きを置きオーナー様と治療方針、料金、家庭での処置等について納得行くまでお話しします。

予防獣医療に重きを置き病気の発生を未然に防ぐことはもちろん、不妊(雌)、去勢(雄)に関してもオーナー様の疑問、要望に応えて推進してまいります。

当医院で対応しかねる病気、けがに対しては高度獣医療を掲げる病院を紹介します。また、 転院を希望され場合はご遠慮なくオーナー様から要望していただいて結構です。他獣医療関係機関と連携を密に保っております。

セカンドオピニオン、サードオピニオンも承っておりますし、当医院からもオーナー様のご要望にお応えしてセカンドオピニオンについて紹介も行います。

当医院では獣医師の誓いー95年宣言を採択しております。

お問い合わせはこちら

お気軽にお問い合わせください。
メールでのお問い合わせはこちら